女性のための大腸カメラ・女医による女性のための大腸カメラ

大腸カメラをやりましょう!と言われたらどうしよう。若い女性の大腸カメラは恥ずかしい。おしりを見せるのはつらい。など、病院にいけない、病院にいったけど検査に踏み切れない方のために、当院では女性医師による大腸カメラ検査日を設けています。当ページではなかなか聞きにくい女性の大腸カメラについて詳しくご説明いたします。大腸カメラがはずかしくて受けられない方、ぜひ当院までご相談ください。各種学会の専門医を取得した女性医師による、女性のための大腸カメラを行っています。

OKする看護師

大腸カメラがはずかしい女性の方へ

女性の多くは、大腸カメラ検査を受けることに抵抗があるでしょう。検査のときにおしりを見られることも恥ずかしいし、肛門にスコープを入れられることにも抵抗はあると思います。
また、そういった検査のことを考えると、病院に行ってもし大腸カメラを勧められたらどうしよう、、、と病院にさえ足が向かないかたもいらっしゃると思います。
しかし、女性のがんによる死亡原因の第1位が大腸がんだということを考えると、恥ずかしさで治療開始が遅れることはとても残念なことだと思います。
里村クリニックは、「胃がん・大腸がんでの死亡者をゼロにする」をミッションと掲げていますので、女性の方にも大腸カメラを受けやすい環境をご用意しております。

大腸カメラ検査とは?

大腸カメラ検査を受けたことのない方にはどのような検査方法なのか気になるところだと思います。
大腸カメラとは、大腸内に先端にカメラのついた細長い管状の”内視鏡”を、肛門から挿入し、大腸内の粘膜を観察します。リアルタイムに内部の状態が確認できるため、炎症の有無、ポリープなどの病変など、正確に判断することができます。

大腸カメラ

大腸カメラでみつかる病気

大腸カメラで見つかる病気としては、大腸がんが代表的ですが、大腸内のポリープや、潰瘍性大腸炎、クローン病などによる腸炎が発見されることが少なくありません。
ご希望があれば、小さなポリープはその場で切除できますし、潰瘍性大腸炎など診断できれば治療法も提案できます。
また組織に異変がある場合、細胞を一部採取して精密な検査を行うことができます。
大きな異変がない場合には、観察のみさせていただき、症状に関しては経過観察を行います。

検査前日までの流れ

【診察】
まずは診察にいらっしゃってください。大腸カメラを行う代表的な症状としては、痛みがある、便の様子が変わった(太さ、色など)、便秘が続いている、下痢が続いている、血便があった、人間ドックなどで潜血便が陽性だったなど。
医師の問診を行い、大腸カメラを行うべきと判断されましたら、日程を決めましょう。

【予約】
診察にいらっしゃった場合、大腸カメラの説明と、ご予約をお取りいただいてご帰宅いただきます。
診察時には予約が取れない場合には、WEBからもご予約いただくことができます。

【前日】
大腸内を空っぽにして検査を行うため、夜9時までにお食事をとっていただき、錠剤の下剤をお飲みいただき、お休みください。

検査当日の流れ

【朝】
水状の下剤を飲み始めます。

【予約時間】
10分前程度に当院にいらっしゃってください。

【検査前】
お尻の部分に穴の開いている検査着にお着換えいただき、検査に入ります。
検査着を着たまま検査を行いますので、ずっとお尻を出したままではありませんのでご安心ください。

【検査後】
体調に問題がないことを確認し、元の服にお着換えいただき、結果のお知らせ、お会計、ご帰宅となります。
問題がない場合には、症状の経過観察となります。

生検を行った場合
ポリープがあった場合や、粘膜に異常が見られた場合、組織を一部採取して顕微鏡で詳しく確認する検査を行う場合があります。外部機関に依頼するため結果がでるのは数日後になります。お電話にて結果が出た旨をお伝えしますので、診察にいらっしゃってください。

大腸カメラを受けるメリット

大腸カメラをうけたことで、もちろん症状に対して問題がないことを確認できることが一番うれしいことですね。また、症状の原因が明確になり早期に治療を開始できることも喜ばしいことです。ただ、それ以外でも特に女性から「やってよかった」と言われることがあります。

善玉菌優位の腸内環境をつくることができる

大腸カメラはすべて便を出しきって検査します。便が残っていない大腸は、腸内環境が一度リセットされた状態のため、一から理想の腸内環境をつくることができます。
そのため検査直後は、善玉菌が豊富な食材や、納豆菌・酵母菌などが含まれる食事をとるとよいでしょう。

腸のねじれが改善する

便秘で悩んでいる方には、腸のねじれにより排便が難しくなっている方もいらっしゃいます。「検査後からスムーズに排便できるようになった!」とおっしゃる患者様もいらっしゃいます。

女性医師による恥ずかしくない大腸カメラ

スマホを操作する女性

いくら検査のためとはいえ、特に女性が異性にお尻をみせるのは恥ずかしいと思います。里村クリニックには、女性医師が在籍しております。
おなかが痛い症状が続いていた李、便秘と下痢を繰り返していたりする症状がある方は、「女性医師を希望します!」とご連絡ください。

 

女性医師についての詳細は<こちら:https://satomura-clinic.com/doctor-2/

よくある質問

Q:生理になってしまったけど大丈夫?
A:大腸カメラの検査日に生理になってしまっても問題はありません。血の量が多くて気になる方はタンポンを使用をすることができます。また、体調が悪い場合には延期できますのでお気軽にご相談ください。

Q:当日の服装は?
A:検査着に着替えていただきますので、脱ぎ着しやすい服装が好ましいです。上は素肌もしくは肌着の上に検査着をきていただき、下は検査着(お尻のところに縦に切れ目が入っている)になります。お尻はまったく見えない状態になります。

Q:おしりの毛は処理したほうがいい?
A:結果から申し上げると、まったく気にしなくて大丈夫です。検査に支障をきたすことはありません。

Q:途中で便がでそうで恥ずかしい
A:大腸カメラに吸引する機能がありますのでご安心ください。

Q:妊娠しているかも・・・
A:妊娠中は母子の刺激になるため、大腸カメラを受けることはできません。出産後に行いましょう。検査が急を要する場合には、婦人科と消化器内科のある総合病院をご紹介させていただきます。

Q:痛みはありますか?
A:腸がねじれている方、過去に腹部の手術を受けたことのある方は痛みがある場合があります。この点については医師の技術による差が大きな部分です。院長はもちろんですが、女性医師も経験豊富な医師です。痛みができるだけ少なくなるよう慎重にすすめます。

Q:授乳中は問題ありませんか?
A:授乳中でも問題なく大腸カメラをうけていただけます。ただし、検査前日・当日については、搾乳かミルクで対応していただくほうが好ましいです。

 

女性の方で「血便がある」「便に血が混じる」「腹痛がある」「大腸がんが心配」などの方もお気軽にご相談ください。

関連ページ:<大腸カメラ:https://satomura-clinic.com/colonoscopy/

ご予約・お問合せはお気軽に

「困った時はいつでもおそばに」を実践すべく、
常に患者さまの身近に寄り添う医療を目指しています。

pageTop