胃がん

胃がん・胃癌

こんな症状はありませんか?

腹痛
  • みぞおち辺りに痛みや不快感がある
  • 食事が喉を通らない
  • 2週間以上吐き気が続く
  • 血が固まったような黒色の便が出た
  • 長期間、腹部膨満感が続く
  • 体重減少が続く
  • 貧血の症状がある
  • 全身に倦怠感を感じる

上記の症状は胃がんの可能性がございます。胃がんは早期に発見し治療を行えば「完治」する病気です。少しでも不安な方は一度、医療機関を受診しましょう。

胃がんとは

胃癌とは胃粘膜の細胞ががん化して発生する悪性腫瘍です。癌が増殖するスピートは比較的遅いと言われていますが、初期症状が分かりづらく、放置していると知らない間に他の臓器へ転移している場合もあります。国立がん研究センターによると胃癌は日本において男性では2番目、女性では5番目(2020年の統計)に死亡数の多い癌です。近年では研究が進んでその発症メカニズムや要因、効果的な予防や早期発見の方法なども分かってきている疾患です。早期発見・早期治療を行うことができれば、完治を目指せます。

胃がんの原因

胃癌の原因として以下の要因が考えられます。

①生活習慣の乱れ
塩分の過剰摂取や食物繊維不足などの偏った食生活、喫煙の習慣、ストレスなどが胃癌の原因となり得ます。栄養バランスの良い食生活や十分な睡眠、適度な運動を行う習慣を整える事が大切です。

②ピロリ菌感染
胃癌の主たる要因であると言われているのがピロリ菌感染です。ピロリ菌は胃の粘膜に生息するらせん形の細菌で、胃の粘膜にとりついて炎症をおこします。ピロリ菌に感染すると、粘膜が慢性的に炎症を起こしてしまい胃癌になりやすくなります。ピロリ菌は除菌治療で除去できます。除去することにより炎症の再発を軽減できますし、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの他の疾患の発症の予防にも繋がります。

胃がんの診断

まずは症状の問診を行い、胃癌が疑われる場合は上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)を行います。

<上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)>
EGDとは、口や鼻孔からスコープを挿入し、食道、胃、十二指腸の病変を調べる検査です。病変部を直接視認、観察することができ、病変部より組織を採取して顕微鏡で評価(病理検査)してもらうことも可能です。精度の高い有効な検査方法といえます。

胃がんの治療

癌の進行具合によって治療が異なります。
主な治療方法は下記の通りです。

①内視鏡検査での切除手術
内視鏡を使って胃の中を直接観察しながら、ごく小さながんを切除できる方法です。胃粘膜表面のがんとその周囲の組織を、はぎとるような形で切除します。初期の段階で選択できる治療法です。

②外科的手術
がんを含む胃の一部(または全部)を、摘出する方法です。胃がんがやや進行している場合に適応となります。

③化学療法
抗がん剤を使用した治療法です。点滴などで投与する場合と、内服による治療があります。胃がん治療に使用されるお薬はいろいろありますが、胃がんの進行度などにより選択可能なお薬が変わります。 外科手術が適応となる場合も、手術の前や後に、化学療法を行うことがあります。

④放射線療法
がんの治療法としては「放射線療法」もありますが、胃がんに対する治療では適応となることは比較的少ない治療法です。胃がんが進行し、末期となった場合に、外科手術や化学療法と組み合わせて行うことがあります。

当院の内視鏡検査の特徴

当院では口から胃カメラを挿入する経口内視鏡検査と鼻から胃カメラを挿入する経鼻内視鏡検査を行っております。「スコープを口から入れるのが辛そう」「一度検査を受けて、咽頭反射が辛かった」といったネガティブなイメージを持たれている方が多いかもしれません。
こういった抵抗感をお持ちの方には、十分な局所麻酔、鎮痛剤を使用しての検査も行っています。また、「鎮静剤は使いたくないけれど苦しい胃カメラ検査は嫌だ」という方は鼻から胃カメラを挿入する経鼻内視鏡検査を推奨いたします。検査は内視鏡専門医が対応し、初めての方も、一度検査を受けて苦手意識を持っている方も安心して検査を受けて頂けるよう心がけています。

胃カメラ検査ページへ

逆流性食道炎 症例
逆流性食道炎 胃カメラ

当院の胃カメラ検査の特徴

●全例、内視鏡専門医による胃カメラ検査
胃カメラ検査の苦しさや精度は、医師の経験や技量が大きく左右します。
当院では、内視鏡専門医が、精度の高い、丁寧で優しい胃カメラ検査を提供します。

午後・土曜日でも検査が可能
当院では平日の午前中がお仕事で忙しい方にも検査を受けて頂けるよう、平日の午後や土曜日も胃カメラ検査を実施しております。平日はお仕事で忙しいサラリーマンの方も、ぜひ土曜日に検査をお受け下さい。

胃カメラ検査の実績が豊富
当院では2018年から胃カメラ検査を導入しており、これまでで約1000件以上の胃カメラ検査を行っております。
また、院長の里村先生は内視鏡専門医ということもあり通算で約5000件以上の実績があり、安心して胃カメラ検査を受けていただけます。

鼻からできる胃カメラ検査
口から胃カメラを挿入する経口内視鏡検査が一般的ですが、当院では鼻から胃カメラを挿入する経鼻内視鏡検査を実施しております。鼻から挿入する胃カメラ検査は口から挿入する胃カメラ検査と違い、咽頭反射(おえっとすること)がなく苦しさが軽減されたと感じられる方が多いです。

なによりも一番大切なことは、疾患の早期発見をし、適切なタイミングで治療を受けることです。

 

胃がんは初期症状が分かりにくい疾患なので、少しでも気になる症状がございましたら当院までご相談下さい。

当院では24時間web予約を受け付けております。

ご予約・お問合せはお気軽に

「困った時はいつでもおそばに」を実践すべく、
常に患者さまの身近に寄り添う医療を目指しています。

pageTop