睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群について

眠っている間に呼吸が止まってしまう病気を睡眠時無呼吸症候群(SAS)と呼びます。10秒間以上気道の空気の流れが止まった状態が、7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間の睡眠あたりに5回以上あるようであれば、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

自覚のないままにこの病気に罹患している「かくれ睡眠時無呼吸症候群」の患者は、全国に200万人いるともいわれています。「里村クリニック」では、入院のいらない睡眠時無呼吸症候群の診断と治療をご提供しています。以下のような症状に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群に多い症状

  • いびきがうるさい
  • 睡眠中に呼吸が止まる
  • 寝汗をかく
  • 寝苦しい
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 起床時に疲れがとれない

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群に罹患したまま放置しておくと、高血圧、心疾患、脳疾患のリスクが2~4倍も高くなるといわれています。「里村クリニック」では、簡易検査キットを一晩お貸出しし、寝る前に装着していただくことで睡眠中の呼吸状態を測定。データを解析し、睡眠時無呼吸症候群を診断しています。

睡眠時無呼吸症候群の治療には、経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)を用います。睡眠中に鼻にマスクを装着し、そこから気道へと空気を送り込むことで、寝ている間の無呼吸を防ぐ治療方法です。

ご予約・お問合せはお気軽に

「困った時はいつでもおそばに」を実践すべく、
常に患者さまの身近に寄り添う医療を目指しています。

pageTop