おならが臭い

おならが臭い

おならが作られる過程。ニオイはどこでつくの?

おならはご存知の通り、お腹からお尻を通って体外に排出されるガスのこと。
ガスの約7割は口から飲み込んだ空気です。食事の際に飲み込んだ空気が胃や腸を通って排出されます。それに加えて血液から腸の粘膜を通って出てきたガス、腸内細菌の働きで発生するガスが一緒になっておならになります。

口から飲み込んだ空気や血液から出てくるガスの成分は通常無臭で、ニオイはほぼありません。おならのニオイは主に腸内細菌が発生させるガスが原因です。

おならは通常1日に7-20回くらい出ると言われています。毎日出る私たちのおならは、健康の大事なバロメーターです。
体やお腹の調子が悪い時、暴飲暴食をした時などにおならが臭くなることがあります。

大腸カメラ

おならが臭くなる原因。それは腸内細菌の乱れ

ヒトの腸内には、およそ1000種類、100兆個の細菌が生息しています1)が、大きく分けて3種類のグループに分けることができます。
善玉の菌、悪玉の菌、そのどちらでもない中間の菌です。菌の数やバランスは個人やその時の体調によって異なり、健康に大きく影響しています。

善玉菌はオリゴ糖や食物繊維をエサとして増殖するため、野菜類や果物、豆類を多くとると数を増加させることができます。善玉菌は腸内でこれらのエサを発酵させ自分たちのエネルギーにするとともに、ガスを発生させます。この時発生するガスは二酸化炭素がほとんどで、ニオイはほぼありません。

一方、悪玉菌はたんぱく質や脂質が中心の食事を多くとることや、不規則な生活、便秘などが原因で増殖します。悪玉菌の一つであるウェルシュ菌などが肉の赤みや魚などタンパク質を分解すると、アンモニアやスカトール、インドールという成分を発生させます。これらの成分は少量でも強いニオイを発するため、おならが臭くなる原因となります。

お肉を食べ過ぎた翌日に、おならが臭いという経験は皆さんもしたことがあるかもしれません。それは悪玉菌が増殖しているサインということになります。

腸内細菌の乱れはあらゆる病気の原因になります

腸内細菌、または腸内フローラといった言葉を近年よく耳にするようになりました。腸の中に生息する菌の種類やバランスが、全身の体調に関わることが明らかとなってきたためです。

特に腸内細菌は体の免疫との関連が重要であり、注目されています。通常ウイルスや病原菌は口や鼻から体に入り込むため、腸は常に外敵と接する環境にあります。有害な敵がさらに体内に入らないようにするため、腸には免疫細胞の多くが集まっており腸管免疫と言われています。

腸内細菌が正常な状態で定着すると免疫系が成熟し、リンパ球の活性化や分化を通じて免疫力を発揮します。免疫はアレルギーとも密接な関係があり、腸内細菌の定着によるアレルギーの制御といった側面があることも報告されています2)

さらに、近年では腸内細菌が全身免疫系にも影響すると多数報告されています。腸内細菌の代謝物が全身に影響すると想定されており、炎症性腸疾患、自己免疫疾患、糖尿病、肝硬変、肥満などの疾患で腸内細菌の異常が観察されています。

おならが臭い、イコールこれらの疾患にもうすぐなる、ということではもちろんありませんが、腸内細菌の乱れには注意が必要であるということが分かりますね。

口臭

大腸がんとおならのニオイの関係

腸内細菌が関連する疾患として最も重要と言えるのが、大腸がんです。善玉菌は腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑え、発がん性をもつ腐敗産物ができづらくする働きをしています。しかし肉類の過剰な摂取が続くと悪玉菌が優勢となり、様々な疾患の発症を誘発します。

国立がん研究センターでは約8万人を対象とした調査で、赤肉の摂取量が多いグループで女性の結腸がんのリスクが高くなり、肉類全体の摂取量が多いグループで男性の結腸がんのリスクが高くなっていたことを明らかにしました3)

日本では食事の欧米化に伴い、大腸がんの発生が増加しています。悪玉菌が増加している状況、つまりおならが臭い状態は大腸がんのリスクを高めているかもしれません。また、大腸がんが発生し便秘気味になると食物が腸内に長くとどまるようになり、おならが臭くなる原因となります。

このように、おならが臭いことと大腸がんには深い関係があるのです。

大腸内視鏡による大腸がんの診断

大腸がんは初期では症状がないことも多く、早期発見は簡単ではありません。
検査を早く受けることが重要ですが、採血検査やレントゲンは参考になるものの、確実な診断にはなりません。
大腸がんがあるかどうかはっきり確かめるには、大腸内視鏡検査が必要です。

がんは進行性の病気ですから、おならが臭いことに加えて血便や下血、便秘でお腹がよく張る、体重が急に減少したなどの症状がある場合は、できるだけ早急に行うことが重要です。

大腸内視鏡では、大腸がんだけではなく大腸ポリープに対する診断、処置を行うことができます。実は大腸がんの85%は良性のポリープから進展してがんになったものです。ポリープのうちに切除することで、大腸がんを予防できる可能性があります。

大腸がんは39歳までと比較して、40歳代では罹患するリスクが4-5倍になり、50歳代以降ではさらにその数倍のリスクを抱えることが分かっています4)

「40歳になったら、2年に1回の大腸内視鏡検査」を受けることをおすすめします。

里村クリニックの大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査の苦痛や精度は、医師の経験や技量が大きく左右します。当院では、内視鏡専門医が検査を担当し、画像を一緒に見ながら病状を解説します。

大腸内視鏡検査では空気を送り込んで大腸のヒダを広げることで、診断精度を高めています。通常の空気ではお腹にたまって苦しくなってしまうため、当院では炭酸ガス送気システムを使用しています。炭酸ガスは空気と比べて200倍早く吸収されるため、不快感を軽減することができます。

最近おならが臭いことに気づいた方、気にされている方へ。

里村クリニックでは内視鏡を通して大腸がんを早期に発見することで、地域の死亡数ゼロを目指しています。手遅れになる前に、ぜひご相談ください。

なによりも一番大切なことは、疾患の早期発見をし、適切なタイミングで治療を受けることです。大腸がんは特に初期症状が分かりにくい疾患なので、少しでも気になることがあったら当院までご相談ください。

当院では24時間web予約を受け付けております。

ご予約・お問合せはお気軽に

「困った時はいつでもおそばに」を実践すべく、
常に患者さまの身近に寄り添う医療を目指しています。

pageTop