医師紹介

はじめに

副院長紹介

私は下の名前を仁志と言います。「医は仁術なり」という言葉があります。両親、祖父母からは、「人命を救う、博愛の志しをもつ人物になってほしい」という願いを込めたと聞いています。

幼少期

 私は、さいたま市で育ちました。幼少時代は、小児喘息のため季節の変わり目になるたびに発作を起こしていました。重症時には入院治療を受けたこともあります。小学1年生のときには、交通事故で、やはり入院治療を受けました。そんな私の目には、勤務医時代の白衣の父は、とても頼もしく映りました。
 私が小学3年生のとき、父は今の里村クリニックとなる「里村胃腸科外科」を開業しました。クリニックは実家に併設されていました。「開業医とはなんたるか」を、常に身近に感じてきました。私も自然と「人の役に立つ存在になりたい」と思うようになり、医師の道を志しました。

開業前の外科時代

 大学を卒業した私は、急性期の治療にあこがれを抱くようになりました。救命センター中心の研修医時代を過ごし、研修後は消化器外科を専攻しました。大学病院時代の専門は、消化管を中心とした外科医でした。
 外科医と言っても、担うのは手術だけではありません。術前には、内視鏡を使って病変の確認やマーキングを行います。最善な術前状態にもっていけるよう、生活習慣病へのアプローチや治療薬のコーディネートも請け負います。術後には周術期管理を行ったり、退院後にも化学療法や内視鏡フォローを実施したりします。外科医としての仕事は、実に多岐にわたりました。非常に忙しい毎日でしたが、充実した日々でした。
 たくさんの消化管手術を行ってきた中で、患者様やご家族の方が必ずと言っていいほどおっしゃる言葉があります。
「もっと早く検査を受けておけばよかった」
医者として、決して聞き流してはならない言葉だと思っています。

開業して思うこと

 自分が育った地域ということもあり、皆様の優しさをひしひしと感じています。患者様の中には、幼少期の私を知る方も多く、いつも気にかけてくださいます。
 「故郷に医師として貢献できることは、こんなにも幸せでやりがいがあるものなのか」
 今さらながらにそう感じ、日々感謝しながら診療にあたっています。これからも、私を育んでくれたこの土地への恩を忘れず、皆さまの暮らしを豊かにするお手伝いができればと思います。消化器疾患では、経鼻内視鏡での苦痛の少ない検査を心がけます。
そして関わる患者様の胃がん、大腸がんにおける死亡率を、「ゼロ」にすることを目標といたします。
 大好きな「浦和レッズ」のように、地域の皆さんに愛されるクリニック、埼玉から日本を元気にするクリニック、そして何よりも「頼れるホームドクター」になれるよう、努力を重ねてまいります。

趣味・その他

テニス

 親の影響で、中学から始めた硬式テニス。大学時代には、部員60名ほどを抱える部の主将を務めるほどはまりこみ、チームワークの大切さを学びました。そこで得た基礎体力は現在のパワーの源となり、出会った仲間は生涯の「心友」となっています。
 父と一緒に市民大会に出場するなど、今でもテニスは、趣味として続けています。

浦和レッズ

 Jリーグ発足当時、私は中学3年生でした。さいたま育ちということもあり、Jリーグ元年から浦和レッドダイヤモンズをずっと応援し続けています。
 駒場競技場は座席数も少なく、当時は応援に行ける試合も限られていました。チケット発売日には、朝から電話をかけまくっていました。かろうじて手にしたチケットを握りしめて自転車にまたがり、幾度となく駒場競技場に通いました。まるで昨日のことのように、覚えています。
 Jリーグ元年の1stステージの戦績は、3勝15敗…。しかし私が観戦した試合で、そのうちの2勝をあげたこともあり、すっかり浦和レッズの虜となりました。サポーターの応援やスタジアムの雰囲気も最高でした。
 当初は、勝てない日々が続き、周囲からはレッズファンであることをからかわれたこともありました。しかし浦和レッズは、その後2度もアジアチャンピオンに輝きました。浦和レッズを応援し続けていることは、今では私の誇りです。現在は、レッズ好きが高じて、埼玉スタジアム2002のある、浦和美園に居を構えています。

その他

その他 3人娘の父

役職 獨協医科大学埼玉同門会 理事
   埼玉医師会テニス    理事

医療講演歴 / 論文 著者筆頭のみ

医療講演歴

獨協大学市民公開講座 「知っておきたい 胃がんのこと」
浦和東訪問看護ステーション 「胃がんについて」
さいたま市緑区中丸団地自治会 医療講演「知ってください胃がんのこと」

論文 著者筆頭のみ

Can expression of CXCL12 and CXCR4 be used to predict survival of gastric cancer patients? Anticancer research. 34 (8):4051-4058 2014

Phase Ⅰ Dose-Escalation Study of Docetaxel, Cisplatin, and 5-Fluorouracil Combination Chemotherapy in Patients With Advanced Esophageal Carcinoma. International Surgery, 100:1153-1158, 2015

シートベルト外傷による腸管・腸間膜損傷の検討. 日本腹部救急学会誌34(4):837-840, 2014

腹腔鏡下に根治したS状結腸間膜内ヘルニアの2例.日本臨床外科学会雑誌:72 1870-1876,2011.

内視鏡的に切除し得た巨大過形成性ポリープの1例.Gastroenterological Endoscopy:50 1592-1596,2008.

略歴

  • 1973(昭和48)年 「昭和大学」医学部卒業
    「東京女子医科大学」第2外科 所属
  • 1981(昭和56)年 医学博士取得
  • 1983(昭和58)年「さいたま赤十字病院」外科 勤務
  • 1987(昭和62)年 「里村胃腸科外科」開院
  • 2000(平成12)年 医療法人 仁学会 里村クリニック改称

ご予約・お問合せはお気軽に

「困った時はいつでもおそばに」を実践すべく、
常に患者さまの身近に寄り添う医療を目指しています。

pageTop